CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
PR

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

★結婚式を友だちで盛り上げろ!写真で彩るWedding Party - みんなで作る世界でたったひとつのプレゼント http://goo.gl/t7usrB

医者と学ぶ「心のサプリ
病気と闘う患者さんに、自分自身で治療をすすめていく手助けをしたい! そのために必要な知識(サプリ)を届けます。 心身の健康を保ちたい方に、日々の当たり前の暮らしを続けていただきたい! そのための知識(サプリ)を届けます。 http://mentalsupli.com/

白ロム
Ads
メッセージ
ケータイからスマホへの変化のような次の未来が見えてくるでしょうか。
次はGoogleグラスのようなウエラブルやロボットでしょうか。

白ロム14,000台掲載
MOBILE
qrcode
もうすぐモバイルは光ファイバー網の速度を超えるらしい
0
    LTE-Advancedが凄い!1Gbps!
    あと二年もすればそうなるようだ。アンテナの開発により安く、省スペースで基地局ができるなら利用料金を抑えることも可能になりますね。楽しみです。


    NTTドコモが都市部の通信混雑解消に役立つ「Smart Vertical MIMO」屋外伝送実験に世界初成功 - GIGAZINE

    http://bit.ly/1aoUdJk

    LTE-AdvancedはNTTドコモが2015年度中に提供開始を予定している通信サービスですが、1Gbpsを超える通信速度の実現にはアンテナ4本相当のMIMO伝送を行う必要があり、アンテナ数を増やすために設置場所を確保したり、コストが掛かることが問題となっていました。

    そこで開発された無線伝送技術が、1本のアンテナで4本相当のMIMO伝送を実現できる「Smart Vertical MIMO」。これにより、サービス提供エリアを省スペース・省コストで広げることが可能になります。特に、都市部ではアンテナの増設に必要な空間の余裕が少ないため、この技術の恩恵を得られると考えられています。
    | 新し技術 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
    iPhoneいやスマートフォンの次を探るという記事
    0
      target="_blank">アップルも探る 「スマホの次」は何か?  産業部次長 中山淳史 :日本経済新聞

      「スマホの次」は人と人のコミュニケーションを取り持つだけではないかもしれない。米半導体大手のクアルコムは最近、「インターネット・オブ・シングズ」と呼ぶ、人以外のあらゆるものとインターネットをつなげる構想を打ち出している。つなげるのは、車や家、インフラなど何でもありだ。日経ビジネスの1月28日号によれば、人類の数は70億人だが、モノとモノが加わると、「次」の市場は5〜10年で400億〜500億台規模に膨張する可能性があるという。  

      いずれにしても、参入企業が増えていくのは間違いない。端末側はiPhoneのときのように何年間も「独壇場」でいられる可能性は小さく、コモディティー化との戦いになる公算が強い。  

      では、どこで利益を出していくか。半導体の経験則である「ムーアの法則」によれば、半導体のコストは毎年4割近く低下するが、同じ号の日経ビジネスによれば、ネットワークのコストは高速化などによって年間6割も低減している。端末より、ネットワークを活用したビジネスモデルがますます求められていくのは、言うまでもない。

      人と人をつなぐではなく人とモノをつないでいくということらしい。うーん。ちょっと想像力が追い付かない。

      基本は人と人だと思うなあ、どこまでいってもコミュニケーションは。


      | 新し技術 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
      起業支援プログラム「ドコモイノベーションビレッジ」の募集について
      0
        報道発表資料 : 起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始 | お知らせ | NTTドコモ

        株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモは、革新的なサービス・技術等を有するベンチャー企業・団体等を対象に、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を、2013年2月7日(木曜)より開始いたします。

        ドコモは、スマートフォン向けサービスの更なる充実を図るとともに、現在取り組みを進めている「新たな事業領域注意1 」におけるサービス開発力を強化し、「モバイルを核とする総合サービス企業」への進化を加速してまいります。

        ドコモは、「ドコモ・イノベーションビレッジ」の第1回プログラムの開始にあたり、2013年2月7日(木曜)〜2013年3月11日(月曜)までの期間で、さまざまな技術やビジネスモデル、アイディアを持った参加チームを、別紙の募集概要のとおり募集いたします。

        第1回の募集テーマは、「グローバル・スタンダードになりうる、モバイルを活用したサービス」とし、応募いただいた企業・団体・個人の中から、書類審査やプレゼンテーション、面接審査により、参加チームを選出いたします。 参加チーム(5、6チーム程度を予定)に対しては、200万円の助成金やオフィススペース等の開発環境の提供、経営やサービス開発に関するアドバイス等のさまざまな支援を行います

        参加チームには、開発期間中(約5か月間)にサービスの開発を行っていただき、2013年9月下旬に開催するリリースイベントにおいてサービス開発の成果を発表していただきます

        ドコモでは、優秀なサービスや技術を開発したチームに対して、ドコモのサービスとの連携やプロモーション支援等を実施する予定です。さらに、ドコモのコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」からの出資を検討いたします。

        これは起業を考えている人にはチャンスですね。
        公式サイト↓
        NTT docomo Innovation Village





        | 新し技術 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
        日本の電池技術の海外流出を阻止するために
        0
          日本の電池技術、海外流出阻止へ ソニーなど3社で事業統合検討 (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース BUSINESS

          官民ファンドの産業革新機構が、日産自動車とNEC、ソニーが手掛けるリチウムイオン電池事業の統合を検討していることが25日、分かった。統合の際、産業革新機構が出資する方向で関係者間で協議している。国内企業で再編を進めることで、電子機器の重要部品であるリチウムイオン電池技術の海外流出を防ぐ。



          本気になったようですね。

          >>3社は、再編により価格競争力を付けて、世界市場での巻き返しを図りたい考えだ。革新機構側は、国内企業同士での再編を進めることで、リチウムイオン電池技術の海外流出を防ぐ狙いがあるとみられる。ただ、業界内では双方の事業形態の違いから、今回の交渉に疑問を呈する声もある。

          共同で他の国にできないような電池を作ってほしい!モバイルでいえば、圧倒的なバッテリー容量で軽い電池の開発。燃料電池の実用化など。

          【広告】

          リモートデスクトップ
          Windows VPSより安定・快適
          お名前.com Windowsデスクトップ
          | 新し技術 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
          スマホにすごい防水技術が現れた!HzO
          0
            【動画】アップルやサムスンなども注目する「HzO」の防水技術 from WirelessWire News « WIRED.jp

            先週ラスベガスで行われていたConsumer Electronics Show (CES) 2012のなかで、「HzO」と呼ばれるナノレベルの薄さのフィルムを利用した新たな防水技術が注目を集めていたという。

            この技術は、端末の生産過程で部品にごく薄い防水のフィルムをかけることで、ケースなどを利用しないでも防水の効果を持たせることができるというもの。見た目のデザインに影響がないこともあり、各スマートフォンメーカーが興味を示しているという。


            これは
            いいですね。そのうちこの技術でスマホが防水化されるでしょう。耐用年数が気にはなりますが…。

            | 新し技術 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
            スマホに格安SIMを挿して使って節約術
            0
              「スマホが月額0円」 安い通信会社を使いこなす MVNOサービス選び

              通常のスマートフォンは、裏側のカバーを外すと、指先ほどの小さな「SIMカード」を抜き挿しできるようになっている。これを取り換えることで、他の通信会社を利用できる場合がある。スマートフォンは装着しているSIMカードによって、通信の事業者が決まるのだ。最近増えているスマートフォン向けの格安料金プランは、MVNO各社が独自のSIMカードを通じて提供している。

               当然ながら、スマートフォンは別途用意しなくてはならない。まだ持っていない人は、「白ロム」と呼ばれるSIMカードの入っていない端末を手に入れるといいだろう。新品のほか、中古品も販売されている。もちろん、現在持っているスマートフォンに格安SIMを入れて使うことも可能だ。


              この表が便利です。クリックで拡大。



              >MVNOが提供する格安SIMでは、通話のできないプランが多い。データ通信のみのサービスとなっており、電話のようにダイヤルをして通話することができないのだ。

              >もっとも決まった人とだけ話すなら、「LINE(ライン)」や「050 plus(ゼロゴーゼロ・プラス)」、「カカオトーク」、「Skype(スカイプ)」などといった無料通話アプリを利用するのも手だ。ただし、こうしたVoIP(Voice over IP)技術を使うアプリの利用を禁止しているプランもあるので、事前によく確認しておこう。

              賢く使えば安いだけに便利なサービスです。










              | 新し技術 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
              iPhone用ネックストラップがほしい人へ!!
              0
                iPhoneを首から下げておきたい人。

                いますよね。

                実はわたしです。

                探してきました。ネックストラップです。



                続きを読む >>
                | 新し技術 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
                | 1/3PAGES | >>