CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
PR

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

★結婚式を友だちで盛り上げろ!写真で彩るWedding Party - みんなで作る世界でたったひとつのプレゼント http://goo.gl/t7usrB

医者と学ぶ「心のサプリ
病気と闘う患者さんに、自分自身で治療をすすめていく手助けをしたい! そのために必要な知識(サプリ)を届けます。 心身の健康を保ちたい方に、日々の当たり前の暮らしを続けていただきたい! そのための知識(サプリ)を届けます。 http://mentalsupli.com/

白ロム
Ads
メッセージ
ケータイからスマホへの変化のような次の未来が見えてくるでしょうか。
次はGoogleグラスのようなウエラブルやロボットでしょうか。

白ロム14,000台掲載
MOBILE
qrcode
<< ショートメールが各社ケータイ間で可能になるらしい | main | モバイルからの通販利用が急増 >>
米はGoogle問題だけは中国に強く出るね
0
    ウィキリークスでさんざんアメリカの外交公電が暴露されていますが、どこから漏れているのかはよくわかりません。イラク問題では内部告発でしたが、そのほかの流出ルートはやはり海外からのハッキングなのでしょうね。

    以前、上海交通大学とか北京大学からのddos攻撃が問題になっていたことがありましたが、いまだにそういうことがあるのでしょうか。

    国内の人権活動家の監視目的でGmailのシステムに侵入した事件もありましたね。これはGoogleの社員として潜り込み社内システム内にトロイの木馬を仕掛け、そこからGmailを覗けるようにしたというようなことだったと記憶してますが、その時はGoogleのみならずクリントン国務長官も怒り心頭でした。どのように矛を収めたのか忘れましたが、中国側はシラを切り通し逆にGoogleを検索から締め出したという結末でしたね。

    Googleは香港経由で天安門事件関係の検索も中国国内から可能にするなど暗闘が繰り広げられたようでしたね。

    通貨問題と人権問題、それにこのサイバーテロ問題は両国の火種ですね。

    -----
    09:48 47news (47NEWS)
    米、中国政府に懸念を伝達 グーグル攻撃で調査も要求

    http://bit.ly/mOyNrP

    米国務省のトナー副報道官は3日の記者会見で、米インターネット検索大手グーグルの電子メールサービス「Gメール」利用者に中国からのサイバー攻撃があり情報が盗まれた問題で、中国政府に対し懸念を伝え、事実関係の調査を求めたことを明らかにした。 

    中国外務省の洪磊副報道局長は2日の記者会見で「中国のせいにすることは受け入れられない」と関与を否定。しかしトナー氏は、米政府が懸念を伝えたのは「(会見の)後だ」と指摘、中国政府が何らかの関与をしたとの見方を強めているとみられる。 

    トナー氏は「この問題を深刻に受け止めていると中国側に懸念を伝えた」と指摘。


    | 新しい動き-社会 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 00:28 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://adabu.jugem.jp/trackback/169
      トラックバック