CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
PR

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

★結婚式を友だちで盛り上げろ!写真で彩るWedding Party - みんなで作る世界でたったひとつのプレゼント http://goo.gl/t7usrB

医者と学ぶ「心のサプリ
病気と闘う患者さんに、自分自身で治療をすすめていく手助けをしたい! そのために必要な知識(サプリ)を届けます。 心身の健康を保ちたい方に、日々の当たり前の暮らしを続けていただきたい! そのための知識(サプリ)を届けます。 http://mentalsupli.com/

白ロム
Ads
メッセージ
ケータイからスマホへの変化のような次の未来が見えてくるでしょうか。
次はGoogleグラスのようなウエラブルやロボットでしょうか。

白ロム14,000台掲載
MOBILE
qrcode
<< 個人情報漏えいの陰に情報屋の存在 | main | ブラックベリー、日本から撤退 >>
起業支援プログラム「ドコモイノベーションビレッジ」の募集について
0
    報道発表資料 : 起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始 | お知らせ | NTTドコモ

    株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモは、革新的なサービス・技術等を有するベンチャー企業・団体等を対象に、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を、2013年2月7日(木曜)より開始いたします。

    ドコモは、スマートフォン向けサービスの更なる充実を図るとともに、現在取り組みを進めている「新たな事業領域注意1 」におけるサービス開発力を強化し、「モバイルを核とする総合サービス企業」への進化を加速してまいります。

    ドコモは、「ドコモ・イノベーションビレッジ」の第1回プログラムの開始にあたり、2013年2月7日(木曜)〜2013年3月11日(月曜)までの期間で、さまざまな技術やビジネスモデル、アイディアを持った参加チームを、別紙の募集概要のとおり募集いたします。

    第1回の募集テーマは、「グローバル・スタンダードになりうる、モバイルを活用したサービス」とし、応募いただいた企業・団体・個人の中から、書類審査やプレゼンテーション、面接審査により、参加チームを選出いたします。 参加チーム(5、6チーム程度を予定)に対しては、200万円の助成金やオフィススペース等の開発環境の提供、経営やサービス開発に関するアドバイス等のさまざまな支援を行います

    参加チームには、開発期間中(約5か月間)にサービスの開発を行っていただき、2013年9月下旬に開催するリリースイベントにおいてサービス開発の成果を発表していただきます

    ドコモでは、優秀なサービスや技術を開発したチームに対して、ドコモのサービスとの連携やプロモーション支援等を実施する予定です。さらに、ドコモのコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」からの出資を検討いたします。

    これは起業を考えている人にはチャンスですね。
    公式サイト↓
    NTT docomo Innovation Village





    | 新し技術 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:04 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://adabu.jugem.jp/trackback/255
      トラックバック