CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ad
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
test
test
MOBILE
qrcode
<< 個人情報漏えいの陰に情報屋の存在 | main | ブラックベリー、日本から撤退 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    起業支援プログラム「ドコモイノベーションビレッジ」の募集について
    0
      報道発表資料 : 起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始 | お知らせ | NTTドコモ

      株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモは、革新的なサービス・技術等を有するベンチャー企業・団体等を対象に、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を、2013年2月7日(木曜)より開始いたします。

      ドコモは、スマートフォン向けサービスの更なる充実を図るとともに、現在取り組みを進めている「新たな事業領域注意1 」におけるサービス開発力を強化し、「モバイルを核とする総合サービス企業」への進化を加速してまいります。

      ドコモは、「ドコモ・イノベーションビレッジ」の第1回プログラムの開始にあたり、2013年2月7日(木曜)〜2013年3月11日(月曜)までの期間で、さまざまな技術やビジネスモデル、アイディアを持った参加チームを、別紙の募集概要のとおり募集いたします。

      第1回の募集テーマは、「グローバル・スタンダードになりうる、モバイルを活用したサービス」とし、応募いただいた企業・団体・個人の中から、書類審査やプレゼンテーション、面接審査により、参加チームを選出いたします。 参加チーム(5、6チーム程度を予定)に対しては、200万円の助成金やオフィススペース等の開発環境の提供、経営やサービス開発に関するアドバイス等のさまざまな支援を行います

      参加チームには、開発期間中(約5か月間)にサービスの開発を行っていただき、2013年9月下旬に開催するリリースイベントにおいてサービス開発の成果を発表していただきます

      ドコモでは、優秀なサービスや技術を開発したチームに対して、ドコモのサービスとの連携やプロモーション支援等を実施する予定です。さらに、ドコモのコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」からの出資を検討いたします。

      これは起業を考えている人にはチャンスですね。
      公式サイト↓
      NTT docomo Innovation Village





      | 新し技術 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:04 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://adabu.jugem.jp/trackback/255
        トラックバック