CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
PR

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

★結婚式を友だちで盛り上げろ!写真で彩るWedding Party - みんなで作る世界でたったひとつのプレゼント http://goo.gl/t7usrB

医者と学ぶ「心のサプリ
病気と闘う患者さんに、自分自身で治療をすすめていく手助けをしたい! そのために必要な知識(サプリ)を届けます。 心身の健康を保ちたい方に、日々の当たり前の暮らしを続けていただきたい! そのための知識(サプリ)を届けます。 http://mentalsupli.com/

白ロム
Ads
メッセージ
ケータイからスマホへの変化のような次の未来が見えてくるでしょうか。
次はGoogleグラスのようなウエラブルやロボットでしょうか。

白ロム14,000台掲載
MOBILE
qrcode
<< ソフトバンクもやはり定額音声通話制を導入するらしいです、しかも6月中!!! | main | 格安SIMならBiglobeの「Wi-Fiほぼスマホ」がいいかも、月額2000円台から >>
格安SIMサービスを賢く使うには?
0
    はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第10回:データ通信量の「追加」「管理」「節約」について理解する - ITmedia Mobile
    900円台と破格の値段を打ち出すMVNOの「格安SIM」だが、本連載でもたびたび触れているように、安さには秘密がある。端的に言うと、ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの回線を貸し出しているキャリア(MNO)よりも、利用可能な通信量が抑えられている。900円台の価格を打ち出すサービスは、おおむね1Gバイト程度までしか利用できない。  もちろん、多くのMVNOのサービスでは、1Gバイトを超えても通信がピタリと止まってしまうことはない。200Kbps前後に速度が制限されるのが一般的で、この仕組みはMNOとほぼ同じだ。制限後の速度については、MNOより速いところも少なくない。また、制限がかかった後でも、データ量を追加で購入できるシステムを整えているMVNOがほとんどだ。例えば、BIGLOBEでは追加のデータ量を100Mバイトあたり300円(税別、以下同)で購入できる。日本通信も同様の仕組みで、「X SIM」の場合、100Mバイトを300円で、500Mバイトを1200円で購入できる。


    こんな記事がありました。

    通信料節約のために研究してみたいテーマ。

    6月はこれで攻めてみるかな。

    | 新しいサービス | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 06:39 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://adabu.jugem.jp/trackback/280
      トラックバック