CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
PR

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

★結婚式を友だちで盛り上げろ!写真で彩るWedding Party - みんなで作る世界でたったひとつのプレゼント http://goo.gl/t7usrB

医者と学ぶ「心のサプリ
病気と闘う患者さんに、自分自身で治療をすすめていく手助けをしたい! そのために必要な知識(サプリ)を届けます。 心身の健康を保ちたい方に、日々の当たり前の暮らしを続けていただきたい! そのための知識(サプリ)を届けます。 http://mentalsupli.com/

白ロム
Ads
メッセージ
ケータイからスマホへの変化のような次の未来が見えてくるでしょうか。
次はGoogleグラスのようなウエラブルやロボットでしょうか。

白ロム14,000台掲載
MOBILE
qrcode
秋葉原中古ゲームランキング
0
    アキバ中古ゲーム市況:大雪で大苦戦 注目は「DmC」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

    http://bit.ly/UURhdO

     ◇9〜15日の中古ランキング(トレーダー調べ)

    1位 龍が如く5(PS3)

    2位 ブレイブリーデフォルト(3DS)

    3位 真・北斗無双(PS3)

    4位 第2次スーパーロボット大戦OG(PS3)

    5位 テイルズ オブ エクシリア2(PS3)

    6位 コールオブデューティ ブラックオプス2 吹き替え版(PS3)

    7位 バイオハザード6(PS3)

    8位 ファイアーエムブレム 覚醒(3DS)

    9位 機動戦士ガンダム エクストリームバーサス(PS3)

    10位 ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(PS3)
    | マーケティングデータ | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
    タブレットでネクサス7が首位になっていた
    0
      活況タブレット市場で、アップル首位陥落 - SankeiBiz(サンケイビズ)

      タブレット端末の国内市場で、米アップルが昨年12月に初めて首位を陥落した。調査会社BCNが16日発表した。米グーグルの基本ソフト(OS)を搭載した「ネクサス7」を9月に発売した台湾エイスースが急激にシェアを伸ばし、初めてトップに立った。  

      ネクサス7は2万円を切る価格が魅力のひとつ。昨年11月には、アップルが小型タブレット「iPad mini(アイパッドミニ)」を投入し、いったんエイスースを引き離したが、12月にはアップルのシェア40.1%に対し、エイスースは44.4%と競り勝った。



      そんなにネクサス7って売れているのですね。知らなかった。
      | マーケティングデータ | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
      日本メーカーの低迷はなぜ!?ってわかりきった理由
      0
        「アップル対サムスン」の陰で日本メーカー“蚊帳の外” スマホ市場で存在感示せず - MSN産経ニュース

        スマートフォン(高機能携帯電話)などの特許をめぐり、米アップルと韓国サムスン電子の訴訟合戦が各国で激しさを増す陰で、日本メーカーは一向に存在感を示せないでいる。米調査会社IDCによれば、平成23年のスマホの世界シェアはサムスンが19・1%、アップルが18・8%と首位争いで拮抗(きっこう)。これに対して、ソニー、シャープといった日本メーカーは合計でも6%弱しかない。  

        日本メーカーのシェアが低いのは、NTTドコモなど通信会社が全量を買い取る「ぬるま湯」に長年浸ってきたからだ。通信会社に開発費の一部まで負担してもらい、日本市場だけを相手にしていれば、そこそこの収益を上げられたため、海外を積極的に攻める姿勢にも欠けた。この結果、海外市場で販売量を大きく伸ばしたサムスンなどにコスト競争力で劣り、スマホの開発でも出遅れた。  

        すでに三菱電機は撤退、NECと日立製作所、カシオ計算機の3社は事業統合した。富士通は東芝の携帯事業を買収するなど再編が進む。だが、IDC日本法人の木村融人シニアマーケットアナリストは「弱い日本メーカー同士が組んでも、1足す1が2に満たない深刻な状況だ」と指摘、再編が競争力向上につながっていないと分析する。

        こういう記事が出てます。日本は見る影もありません。技術もデザイン力もあるのに世界に出て行けなかった、いや出て行かなかったツケは大きいですね。

        このままだと人材も外に出て行くでしょうね。

        組織を変えていけばまだまだ日本人にしかできないことはいっぱいあります。コラボレーションの力を発揮できる仕組みを作れるかなのです。それはオープンであることで、それこそがグローバルということとつながります。グローバルとは語学の問題ではないことだけは確かです。

        アンドロイドがシェア3分の2、世界のスマホOS - MSN産経ニュース

        米調査会社IDCが8日発表したスマートフォン(高機能携帯電話)の基本ソフト(OS)に関する4〜6月期世界出荷調査で、米グーグルの「アンドロイド」を搭載する端末のシェアが、前年同期の47%から68%に急上昇した。  

        出荷台数も2倍強の1億480万台と急増。韓国のサムスン電子など世界でアンドロイドを採用するメーカーが増え、シェアの3分の2を占めたグーグルが独走態勢に入った格好だ。  

        2位のアップルの「iOS」は、同社の旗艦端末のiPhone(アイフォーン)の出荷が減速し、OSのシェアも前年同期の19%から17%に落ち込んだ。


        このあとサムソンがアメリカでアップルに敗訴するということがありましたので、それがシェアに影響するか気になりますね。

        JUGEMテーマ:ケータイ


        | マーケティングデータ | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ノキアが首位転落−携帯電話の集荷台数、世界シェア
        0


          携帯出荷世界一にサムスン…常勝ノキアを抜く (読売新聞) - Yahoo!ニュース

          米調査会社ストラテジー・アナリティクスは27日、1〜3月期の世界の携帯電話出荷台数で、韓国サムスン電子がフィンランドのノキアを抜き、初めて世界一になったと発表した。  

          サムスンの出荷台数が前年同期比35・7%増の9350万台だったのに対し、ノキアは同23・8%減の8270万台にとどまった。ノキアは1998年から2011年まで14年間、携帯電話市場で世界首位の座を守ってきた。しかし、高機能携帯電話(スマートフォン)で出遅れ、急速にシェア(市場占有率)を落としており、四半期ベースで初めてトップから転落した。  

          3位は米アップルで、同88・7%増の3510万台だった。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の最新型機が好調で、シェアも9・5%と過去最高の水準になったという。




          サムスン 9350万台 
          ノキア 8270万台
          アップル 3510万台

          11年間トップの座にあったノキアの首位明け渡しはやはりニュースですね。


          | マーケティングデータ | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
          amazonキンドルファイアがすごく売れている!日本上陸が待たれる!
          0
            タブレット携帯端末:米アマゾン2位に 世界出荷台数 - 毎日jp(毎日新聞)

            米調査会社IHSアイサプライが16日発表した昨年10〜12月期のタブレット型携帯端末の世界出荷台数で、競合他社より価格を抑えた新製品を投入した米アマゾン・コムがシェア14%を獲得し、2位に入った。  

            アマゾンは昨年11月に米国で199ドル(約1万6000円)の「キンドルファイア」を発売。388万台を出荷し、いきなり2位となった。首位は「iPad(アイパッド)」の米アップルで1543万台。シェアは57%で前期(7〜9月期)の64%からやや低下した。  

            韓国のサムスン電子が8%で3位に転落。全体の出荷台数は2710万台だった。(ニューヨーク共同)

            毎日新聞 2012年2月17日 13時53分(最終更新 2月17日 13時57分)




            こんどこそamazonキンドルがが日本で爆発的に売れるかもしれない。
            3月まで待て!

            期待がふくらみます。

            【関連記事】
            「キンドル」4月に国内発売の報道 「ドコモ回線」さらに圧迫の懸念 (1/2) : J-CASTニュース

            米アマゾンの電子書籍端末「キンドル」が、2012年4月に国内で発売されるとの報道が流れた。既に国内の一部出版社とは、コンテンツ提供の契約で大筋合意したという。 電子書籍の購入は無線LANのほか、NTTドコモの携帯回線も利用できると伝えているが、ドコモは「何も決まっていない」と否定した。



            | マーケティングデータ | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
            アップルの部品調達先は日本企業が多数というニュース
            0
              アップル:部品調達先を初公表 日本企業が多数 − 毎日jp(毎日新聞)

              米アップルは13日、部品調達や生産委託にかかわる世界の主な156社の企業名を初めて公表した。日本のソニーやシャープ、東芝、パナソニックのほか、韓国のサムスン電子、LGグループ、米インテルなどが並んだ。  

              携帯電話iPhone(アイフォーン)や多機能端末iPad(アイパッド)向けに大量受注が見込めるアップル製品への関与は、供給側メーカーにとって重要。これまで調査会社の分析による推定はあったが、アップルが公式に認めた。

               日系ではほかに、セイコーエプソンやエルピーダメモリ、TDK、ローム、村田製作所、旭化成なども名を連ねた。(共同)




              156社のうちの何社が日本で、韓国、台湾と比べてどうかという記事がそのうちにでるでしょう。また重要部品が何でそれはどこが作っているかもしりたいですね。フォロー記事に期待です。

              【送料無料】さよなら!僕らのソニー

              【送料無料】さよなら!僕らのソニー
              価格:872円(税込、送料別)


              | マーケティングデータ | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
              アンドロイド世界で5割超えた!
              0
                110730_1938~03.jpg
                スマホ化が世界中で進んでいる模様です。

                単体としてiPhoneが19%というのも侮れません。
                Adobeのフラッシュを使えないiPhoneですが、実はhtml5に移行するとフラッシュは必要なくiOSで完結するようになります。

                その囲い込みの美学を貫くアップルが勝つのか、アンドロイドOSの供給でメーカーの上流に立ちコントロールするGoogleが勝つのか、高みの見物といきたいものです。

                ユーザーとして毎シーズン新機種に振り回されているようでは高みの見物とはいかないですが。

                PCのOSも変わるのでしょうね。

                ----------
                10:54 Reuters_co_jp (ロイター.co.jp)
                米グーグルのアンドロイド、スマホ市場でシェアが約5割に=調査会社

                http://bit.ly/qkHliP

                調査会社カナリスによると、世界のスマートフォン(多機能携帯電話)向け基本ソフト(OS)市場で、グーグルの「アンドロイド」のシェアが48%に達し、圧倒的に優位になっていることが明らかにされた。
                 アンドロイドは、台湾の宏達国際電子(HTC)、韓国のLG、米モトローラ、韓国サムスンなど大半の主要携帯電話機メーカーが採用している。
                 調査対象とされた56カ国のうち、アンドロイドは35カ国でシェアが首位となった。

                 一方、第2位のアップルのシェアは19%で、グーグルに大きく水をあけられたが、スマートフォンの販売台数では世界トップの座をフィンランドのノキアから奪った。

                | マーケティングデータ | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                << | 2/6PAGES | >>